スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通行整理

こんばんは。お久しぶりです。更新サボってごめんなさい(-_-)


さて、昨日は松下耕先生による最後のセミナーでした。元々楽しみにしていたのですが、予想以上に多くを学べた気がします!(ときどきオフレコな発言も(・・;))それと個人的によく思うのですが、なんで合唱やってるおじさんって面白い人が多いのでしょうか!? 答え、反論があれば教えてください(笑)


まず、題名にした「指揮者は通行整理」。指揮者=指導者、歌い手=教えを受ける人、の一方通行ではなく、ある意味指揮者=歌い手で音楽を出し合う。本番は歌い手がお客さんに音楽をどんどん届け、指揮者はそれを「整理」するだけ‥そんな意味ですよね。平田先生も「もっと自分から音楽出せ」と言われます。本来はもう少し自然に出てくるはずなのですが‥十分に音を聴けていないのかな?


うーん。むむう。ほかにも頑張って書こうとしましたが、松下先生の深い音楽が伝わらず、書けば書くほど一般論にいく気がしたので消去(泣)私自身がまだまだな証拠ですね。しかし!私はまだ若いはずなので(60歳以下はみんな若いby松下耕)いっぱい成長します!一年生が入って来て、私にはfreshさが足りないと思い知りました。もっと吸収すべきことはあるのに。



あと全然関係ないけど、「元英語教師の勝手なクラシック評論」っていうブログで北高の定演が取り上げられてました。北高の先生だったそうです。「在校生と卒業生合同の約150名が心を一つにして歌う姿は素晴らしかった」とか「背の高い格好の良い←指揮者と伴奏者も大きな役割を果たしていた」とか。読んでみて下さい。


近いうちにまた書きたいと思います。たぶん。みなさんも掲示板に書き込んで下さい。せっかくキムタカが掲示板に出張? してくれたのにな。(30歳の会社員は多忙(笑))私も人のこと言えませんが。


それではまたノシ


さくら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかひと・さくら

Author:たかひと・さくら
ブログへようこそ!
不定期更新、頑張って書くぞ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。